DUGAで聖水フェチ動画を探すのはカンタン

アダルト動画のDUGAは、総合アダルトサイトでありながら、専門サイトレベルに作品の種類が充実しています。

 

合計本数はなんと11万本。しかも各種検索補助ツールが便利で、多くの作品の中からお目当ての1つを探せるようになっています。

 

それでは、DUGAで聖水動画を探すコツをお伝えします。
DUGA
カテゴリ一覧には女王様やM男はあっても、それより細かい聖水は見当たりません。

 

ここは検索窓に「聖水」と打ち込んで様子を見ることにします。聖水動画は609件ヒット。関連ワードには「おしっこ」と「小便」が表示されています。

 

このキーワードを押すと聖水よりも多くの作品がヒットします。そもそも、スカトロ系の作品で聖水のキーワードが使われることは少ないので、無視することにします。

 

ちなみに関連キーワードを押すと、検索条件はリセットされてしまうので注意が必要です。

 

聖水作品からお目当ての作品を絞り込むには別の方法で行います。

 

聖水といっても誰の聖水かによって、見たい作品は異なってきます。

 

女王様の聖水なのか、それとも熟女の聖水なのか、はたまた女子校生の聖水なのか、同じ聖水フェチでも行く通りも趣向があるのです。

 

ここでは、M男性が登場する聖水動画を探すことにします。

 

幸いM男カテゴリと聖水は相性が良く、232件と他のカテゴリよりも多くの作品がありました。

 

それではM男ボタンを押すとどれ位検索結果が変化するのか、あなたも実際に確認してみてください。

 

いかがでしょうか。M男を選ぶと聖水とM男を同時に満たす作品がヒットするのがわかります。

 

M男性の方なら、アソコが大きくなるような作品が目白押しのはず。

 

検索結果は人気順に並んでいて、「小悪魔メイドに顔騎クンニを強要されオマ○コにしゃぶりつく僕」が人気№1でした。

 

総合ランキングでも39位と11万作品あるDUGAの中でも人気があります。

 

作品の詳細ページに行くと、星印が5つ並んでいます。これは実際に小悪魔メイドに顔騎クンニを強要されオマ○コにしゃぶりつく僕を購入した方が、作品レビューをした時の評価を星の数で表したものです。

 

3人の方が5つ星の評価をしているのはDUGAでも珍しく、これから作品を購入する人にとって、心強い結果になっています。

 

これだけ人気も評価も高ければ、初めてDUGAで動画を購入する方も安心です。

 

作品を購入するかどうかの判断は、他人のレビューだけでは心配ですよね。

 

DUGAでは、作品ダイジェストとサンプル動画をとおして視覚的に内容を確認できるようになっています。

 

作品ダイジェストはレーベルによって異なりますし、サンプル動画の再生時間も30秒から200秒を越えるものまでさまざまです。

 

小悪魔メイドに顔騎クンニを強要されオマ○コにしゃぶりつく僕は35秒でした。

 

この作品が欲しくなったら、購入手続きに入りますが、その前に会員登録を行っておくと良いでしょう。

 

会員に必要な個人情報は、メールアドレスと年齢だけ。名前も住所も必要ないので、30秒もあればあなたも106万人の仲間入り。

 

DUGAでは106万人も会員がいるので、全員がこの会員登録ページから登録を進めたということです。

レビューで預かり金を増やせる

DUGAは前払いの預かり金で決済するのが便利です。預かり金とはサイト内で使える仮想のマネーの位置づけになっています。

 

預かり金があるおかげで、マニアの方も使い過ぎる心配がありません。一方、クレジット決済なら、ついつい使いすぎてしまいますよね。

 

預かり金は後払いではなく、前払いなので残高分しか作品を購入できないので、ストッパー代わりになって使いすぎを抑えてくれるのです。

 

ABVではプレミアム会員になると、入金時におまけのポイントがもらえます。新しく入会した方が最初のチャージをすると、2倍のポイントがもらえます。

 

一方、DUGAはチャージ時点で預かり金は増えません。唯一預かり金が増えるのが、レビューを投稿して、審査に通った時です。

 

最大50%キャッシュバックがあるので、DUGAの作品にレビューが多いのも納得できるはず。

 

50%なら、5,000円相当の動画も、実質2,500円で見られることになるのですから大きいですよね。

 

還元率は投稿の順番が遅くなるほど低くなって、5番目以降に投稿すると1%還元にしかなりません。

 

5,000円相当の動画なら50円にしかなりませんが、それでも預かり金が増えるのは嬉しいですよね。

 

聖水作品は、ミストレスランドなど金額が高めなレーベルもあるので、まだレビューが投稿されていない作品を狙うのも良いでしょう。

トップへ戻る